ゴジラの「中島春雄さん」が死去

エンタメ

ゴジラの「中島春雄さん」が死去

ゴジラの中の俳優、中島春雄さん

1954年の映画「ゴジラ」で、初代ゴジラを演じたスーツアクターの中島春雄(なかじま・はるお)さんが7日午後、肺炎のため88歳で亡くなったことが分かった。山形県出身。

 中島さんは25歳の時に、日本で初めての特撮怪獣映画「ゴジラ」にて、主役のゴジラのスーツアクターを務め、その後18年もの間に12作品にわたり、ゴジラシリーズでゴジラを演じた「ゴジラ俳優」として知られている。

 ※スーツアクター:変身ヒーローや怪人・怪獣の「着ぐるみ」や「スーツ」の中に入って演じる専門技術を持つアクター/アクトレスに対する敬称

 
 「ゴジラ」は世界的に有名な日本の特撮怪獣映画で、中島さんは海外でも「ゴジラ俳優」としての知名度が非常に高く「ミスターゴジラ」の愛称で親しまれた。2011年には米ロサンゼルス市から市民栄誉賞を受賞しています。


中島春雄さんの意外な一面

 
 ゴジラ俳優として有名な中島さんですが、意外な過去があります。

 71年「ゴジラ対ヘドラ」の出演後、42歳で東宝からなんと専属契約解除を言い渡され、東宝系列のボウリング場勤務になったことがあります。翌年公開の「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」で、特撮スタッフらの声かけによって再びゴジラを担当しましたが、この作品を最後にスーツアクター業を引退しました。

 そして、勤務先のボウリング場が閉鎖された後は、なんと、同社経営の麻雀店の店長などを務めた過去があります。



動物園に行きゾウやゴリラを細かく観察した

 
 架空の生物であるゴジラを演じる上で中島さんは、動物園に行きゾウやゴリラを細かく観察したという。2017年5月に公開された中島さんのドキュメンタリー映像『The Man Who Was Godzilla(ゴジラだった男)』では、当時は今のように軽量ではなかった約100キロあるゴジラスーツを着用して撮影に挑んでいました。当時を振り返り、「額に汗流しながら、一生懸命やっていましたよ」という一言が中島さんの人間性を表していると感じる。



中島 春雄(なかじま はるお、1929年1月1日 - 2017年8月7日[1])は、日本の元俳優、スーツアクター、スタントマン。愛称は春ちゃん。趣味・特技は水泳、潜水、スキューバ・ダイビング、柔道。

出典 http://ja.wikipedia.org

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ