「神対応」松山千春 遅延の機内で「大空と大地の中で」を熱唱

エンタメ

「神対応」松山千春 遅延の機内で「大空と大地の中で」を熱唱


松山千春さん、TVで拝見をするときには、いつもその男気というかカッコいいなと感じていましたが、それを今回も実証してくれました。

2017年8月20日正午ごろ、松山さんは新千歳空港から大阪(伊丹)空港行きの便に搭乗したが飛行機は、混雑により出発予定時刻を過ぎても出発ができなかった。

乗客は約1時間待たされイライラ・・・し始めると・・・。

搭乗していた松山千春さんは、自ら客室乗務員に掛け合い、マイクを借りると、自身の代表曲「大空と大地の中で」を歌い出したそうなんです。

松山千春さんの「神対応」に、インターネット上で称賛の声が寄せられているます。



2017年8月20日正午ごろ、松山さんは新千歳空港から大阪(伊丹)空港行きの便に乗った。だが飛行機は、混雑により出発予定時刻を過ぎても出発できず、乗客は約1時間待たされることに...。松山さんはそこで、自ら客室乗務員に掛け合い、マイクを借りると、自身の代表曲「大空と大地の中で」を歌い出したというのだ。

大空と大地の中で


松山千春さんは、時として激しい口調を論議されることがありますが、松山千春さんの考え方や生き方というのは、松山千春さんの歌を聞けばわかるような感じがします。

それは「優しさ」

松山千春さんは相手を思うがゆえに、少し激しい口調になってしまったり、感情が表れやすい性格なんだと私は思っています。

そんな松山千春さんの今回の神対応が証明をしていると思います!!

1

関連記事

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ