世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

「タバコを吸わない人にスモ休」有給休暇を増やす!?

国内

「タバコを吸わない人にスモ休」有給休暇を増やす!?
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録


「タバコを吸わない人」に有給休暇を増やすという!そんな有休制度を作ったある企業が注目されています。

インターネット上で「面白いアイデアだ」と肯定的な声がある一方で、「勤務時間全て禁煙にすればいい」として、「有休付与」という手法に疑問を示す声もある。その企業はどのような考えでこの制度をつくったのか?
大きな社会問題にもなっている「禁煙」についてまとめてみました。

喫煙者と非喫煙者の「業務時間の差」が問題に

この制度には名前がつけられています。
その名も「スモ休」。
この制度は非喫煙者に年間6日の有給休暇が与えられるというものです。

導入をしたのはウェブマーケティングを手がけるピアラ(本社・東京都渋谷区)。同社サイトの2017年8月のに発表になっていて、勤務時間内外を含む非喫煙者で、かつ6か月以上勤務している正社員に対し、従来の有給に加えて1年あたり6日増えるというもので、9月1日から実施するということになっています。

スモ休

出典 http://www.piala.co.jp

禁煙で最大6日有給付与!社員の健康を促進するWinWin施策
新人事制度「スモ休」開始のお知らせ

出典 http://www.piala.co.jp

「スモ休」を作ったきっかけは?


きっかけは社内に設けている「目安箱」によるものだそうです。
この目安箱は匿名で社長に訴えることができるシステムで、そこに「喫煙者は通常の休憩時間以外にも1日数回業務を離れることがあり、非喫煙者との間に生じる業務時間の差は問題ではないか」との意見が寄せられたことによります。これにもとづき、不平等感解消に加え、健康増進のためにも、「スモ休」を制度化したそうです。

確かに喫煙者の席の退室時間を考えると非喫煙者はその間も仕事をしているわけで多少なり不平不満はあるものと思えます。それをくみ上げて実行に移すことに社風が感じられます。


職場でのタバコ休憩は不公平?

禁煙

「私の部署の喫煙者は最低1時間に一回はタバコを吸うためにデスクを離れます。その間に発生する電話対応は私たち非喫煙者の仕事。同じ給料なのに納得がいきません」

出典 http://www.dokujo.com

「私は50分集中して仕事をして、5分のタバコ休憩を入れています。そうすると頭がすっきりして1時間ぶっ続けで机に向かうよりも仕事がはかどります」(31歳/男性/メーカー)

出典 http://www.dokujo.com


昔は喫煙者も自分のデスクでタバコが吸えたものですが、時代は変わり非喫煙者の健康を考える取り組みが前面に出るようになりました。最近ではビルの中でも、タバコが吸えるフロアと吸えないフロアに分かれています。今後はもっと厳しくなると思う禁煙運動ですが、禁煙に力を入れすぎて喫煙者のことも考慮をしたシステムを考える必要があるとも思います。

タバコを吸う人の採用はしません!


実はこのように禁煙を前面に出している有名企業もあるのをご存知ですか?
つまりタバコを吸う人は入社できないという事です!!

この会社は経営手腕でもとても有名な「星野リゾート」です。
以前にこの採用基準がニュースになりましたが、覚えている方はいますか?

星野リゾート

出典 http://www.snowtomamu.jp

あなたはたばこを吸いますか?

大変申し訳ございませんが、 星野リゾートグループでは
喫煙者は採用いたしておりません。
それが企業競争力に直結すると 考えているからです。

出典 http://recruit.hoshinoresort.com


この採用基準にも経営手腕が表れてるのでご紹介をします。

禁煙によることで3つの要素において競争力を高めることになと掲示しています。

① 作業効率

② 施設効率

③ 職場環境

この3つの要素は「スモ休」を採用したピアラと同じような考えです。
といういよりピアラが星野リゾートを見習ったのだと思います。

制度の告知後、禁煙した社員がいる

「喫煙者に吸わせないというマイナスを強要するより、非喫煙者に何らかのプラスを与えるほうが『吸わないメリット』を考えやすいだろうという考えからです。実際、この制度を告知してから禁煙を決めた従業員もいます。健康面、金銭面に加え、有休を得られるとあって『吸わないほうが得だろう』と思ったようです」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp


マイナスを考えるよりプラスを考え社風をより良いものへと促すことは企業にとってとても大切なことだと思います。大勢の社員が仕事をする上でメリットを考えると思うのですが、マイナスによる罰則よりも、プラスによる効果を示した方がモチベーションも上向きになり社風がまた一つ確立されるものだと考えます。

そして社員の健康という意味合いにおいても会社がやらなければいけないこ対策の一つだと思うので総合的に見ても意味のあるスモ休だと思う。

JT(日本たばこ産業)でもタバコを吸わない社員が多い!?

JT

出典 http://www.sumainokai.sakura.ne.jp

>入社前/入社後でJTへのイメージは変化しましたか?

>変わりました。たばこを吸わない社員が意外に多いことです。

出典 http://www.jti.co.jp

たばこ産業の中でも禁煙化が進んでいるという事でしょうか?
現在は、たばこを吸う人自体が減少をしています。
これはどの年代、男女共にも言えることで業界の縮小が続いています。

禁煙率

出典 http://www.health-net.or.jp

オリンピックは禁煙!

オリンピック禁煙

出典 http://nagotora.sakura.ne.jp

東京五輪が目前に迫っています。公共の場を禁煙にする日本の取り組みが暗礁に乗り上げています。オリンピックを行う年は禁煙という事が大前提で投票で「TOKYO」になりました。受動喫煙防止に向け健康増進法改正を検討していた政府と自民党との間で、全面禁煙か分煙かという規制のあり方をめぐり調整が難航しています。飲食店などの対策も平米数で分煙するしないで、これまた難航。党内では今国会で法案が成立しなければ、法規制がない状態で2020年を迎えることになる可能性もある。
そうなれば日本の信用度はさらに下がることが目に見えている。今後の動きが重要だ。

「分煙では効果ない」 WHOが、日本に全面禁煙を勧める根拠とは

出典 http://www.huffingtonpost.jp

東京五輪で「受動喫煙」防止しよう 「タバコフリーサミット」で訴える

出典 http://www.j-cast.com

オリンピック開催地には受動喫煙防止条例が必要となっています。東京以外の招致都市にはすでに受動喫煙防止法があります。

出典 http://www.nosmoke55.jp


オリンピック開催にあたってはIOCがメインとなり開催運営を行っていますが、過去オリンピックが開催される都市は必ず「禁煙」という事です。
これは今の日本には矛盾している状況の中で開催があらばれたという事は事前打ち合わせなり、何かの手回しがあったのでしょうか?

最終選考で東京とマドリードが接戦になりました。
実はマドリードは前回のロンドンオリンピックの時に先に禁煙にしていたロンドンに開催都市の座を奪われました。理由は「ロンドンは禁煙でマドリードは禁煙じゃないから」ともいわれています。
この結果を受けマドリードは直ぐに禁煙法を採用、2020ねんのオリンピック開催に向け準備をしてきました。しかし、喫煙国日本、東京に2020年のオリンピック開催地を奪われました。

暗黙の了解というか「開催までには禁煙にしてくれよ!」というようなやり取りが見えるような東京の決定。だからこそ東京は禁煙に対する窮地に追い込まれているんです。

まとめ

禁煙


今の社会、先のオリンピックを考えても禁煙の動きはますます大きくなる事が予想されます。それと同時に電子タバコの問題も出てくるでしょう。
共に大切なことは「マナーを守る」ということだと思います。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!